特定非営利活動法人おだわら虹の会

ありんこホーム


ご挨拶

 NPO法人「おだわら虹の会」は市内鴨宮に本部を置き、障害福祉サービス事業所「ありんこホーム」として3か所の施設で就労継続支援B型(2か所)、生活介護事業、地域活動支援センターで80余名の利用者(障害を持つ当事者)が、日中活動を行い、地域との共生、共に生き、その輪を広げ、利用者達のあるがままの気持ちを尊重し、日々の暮らしを楽しく、輝かせて欲しいという願いから、利用者の自立と社会参加を支援し、多様なニーズに応えられるように知恵と心を合わせて活動しています。時代の流れの中での壁もありますが、皆で力を合わせ足元の実践活動を大切に歩んでいきたいと思います。
 そして、ひとり一人その人らしく花を咲かせてほしいです。

NPO法人おだわら虹の会 理事長
第3ありんこホーム
所長 高橋 直美


最新のNEWS (2ヶ月以上前のNEWSはこちらへ)

[ありんこホーム】

  ・6月5日(金) 「ありんこ農園」:今年も「ありんこ農園」で恒例の夏野菜作りが始まりました。ナスにキュウリそしてトマトといった定番の夏野菜の他に今年はトウモロコシにチャレンジしました。まだまだ小さく収穫までには時間がかかりますが今から楽しみです。また、このありんこ農園を通じてご近所の皆さまとの交流もあり畑で仲良く声をかけ合いながらの毎日を送っています。

  ・7月8日(水)新玉自治会様からのご好意で使わせていただいていますありんこ農園で春先に採れた大根を利用者さんたちと一緒に切干大根にしました。来シーズンの販売に向けて先ずは普段お世話になっている地域の方々に試食品としてお配りしました。皆さん大変喜んでくれまして「販売したら買うね!」と言っていただきとても励みになりました。今回の切干大根は細いタイプと少し幅広のタイプを作ってみました。幅広のタイプは「珍しいね!」との声があがりました。

[第2ありんこホーム】

  ・6月12日(金) 新型コロナウイルス感染症対策のため、しばらくお休みしていた小田原市役所での販売を再開しました。 休みの間「ありんこ」の製品を心待ちにしていたお客様にも来ていただいて、温かい言葉をいただきました。今回は、新玉ねぎとジャガイモも販売も販売したところ、「安い」と言っていただいて、多くのお客様に買っていただき完売することが出来ました。来ていただいたお客様、ありがとうございます。

[第3ありんこホーム】

  ・6月1日(月)「ありんこ石けん」:第3ありんこホームの自主製品の1つ「ありんこ石けん」のラベルを変更しました。発売以来、好評いただいき固定客の多い商品ですが、この度初めてラベルを変更しました。かわいい3匹の親子のアリをデザインしたカラーラベルです。併せて粉タイプは開封しやすいよう包装材料もすっきりさせました。ほんの少し容量を減らしましたが、お求めやすい価格は据え置きで一個50円(固形タイプ)のままです。また当面は新旧ラベル商品が併存します。梅雨に入り、より清潔さが要求される季節になります。ありんこ石けんを使って身の回りの清潔さを保ってください。

  ・6月1日(月)「おだわら虹の会」ホームページ再開:6/1(月)、ご覧いただいているホームページを1年半ぶりに更新しました。ホームページの運用に詳しい地元(小田原市鴨宮5区)のボランティア宮田裕行様の協力のお陰で更新できました。先ずは出来る範囲で更新を始め、最終的に全面更新をし新しい試みもしてみたいと考えています。乞うご期待、引き続きのアクセスをお願いします。

  ・6月1日(月)「おだわら虹の会の新しいシンボルマーク(虹)」:この度、NPOおだわら虹の会のシンボルマークを「虹」を鮮やかにデザインしものに変えました。今後は法人誌「ありんこだより」や自主製品のパッケージなどで展開をしていく予定です。尚、このデザインは地元小田原市国府津にあります広告デザインの会社、株式会社大広社様のご厚意で作っていただいたものです。大広社様、ありがとうございます。

  ・6月10日(水)今年初めての梅の収穫作業に行きました。 梅の木の下に敷かれたネットの上に落ちた梅の実を拾う作業です。 今回収穫した梅はご厚意でいただきました。 心地よい海風を感じながらの半日作業でした。お仕事をいただきました「和園」の川久保様 ありがとうございました。

  ・6月19日(金)みかんマーマレードを作りました。今回から容器(ビン)を変更し、価格も容量に合わせて値下げしお求めやすい価格350円に設定しました。地元小田原で採れたみかんで作った甘さ控えめのみかんマーマレードです。

  ・7月10日(金)7月に入り、恒例の季節作業のシソの葉っぱを茎からとる作業が始まりました。毎年いただいている作業で毎朝早く収穫したばかりのシソが届きます。そして施設内はとても良いシソの香りで満たされます。作業をしながら自然を感じさせてくれるうれしい仕事です。

[ありんこホームふじみ】

 ・6月5日(金) 「Cafeありんこ」:ありんこホームふじみでは、入り口付近にカフェ「Cafeありんこ」を併設しています。「Cafeありんこ」は地域の方と心の交流ができるようコミュニティカフェとしてスタートしました。また売上は通所する利用者さんの皆さんの給与につながります。 馴染みのお客様に加え、駅周辺には昼間営業している軽食やカフェがないので、この地域に営業できたサラリーマンの方の利用もあります。また最近では、緊急事態宣言後に家に閉じこもっていた小学生と母親・祖母の方が息抜きに来てくれました。まだ提供できる軽食のメニューが少ないので、メニューの開発やデリバリーサービスなど課題もありますが、感染対策もしっかり実施して、皆さんのご利用をお待ちしています。

[グループホーム】

  ・5月7日(木)「すまいる」の茅野さんの誕生日、当日のメニューは、本人の希望でチーズハンバーグーとなり、食後は「ハッピイバースデーツーユー」の歌を大合唱、最後はプレミアムショートケーキを皆で食べました。

  ・5月29日(金)「なでしこ」の栗田さんの誕生日で「なでしこ」では初めての誕生会を行いました。当日はカレー大好きの恵さんのために、「あきたこまちポーク」のヒレとロースを揚げ、豪華なカツカレーとなりました。皆、おいしいと勢いよく食べていました。食後は、いつものように「ハッピイバースデーツーユー」の歌を大合唱し、やはりプレミアムショートケーキを皆で食べお開きになりました。

  ・6月4日(木)「あいりす」の本多さんが誕生日を迎え、「あいりす」としては、2回目の誕生会を行います。お肉大好きの本多さんからのリクエストは、なんと国産牛のサーロインステーキ、頑張って本人の希望をかなえたいと思います。グループホームにとって皆で祝う「誕生会」はとても大切な行事です。この誕生会を行うことで入居者さ同士の仲間意識、絆が芽生え、育ちます。開設後4年半を経過した「すまいる」で誕生会を継続して行った成果を実感しています。今後もこの「誕生会」を大切にしていきたいと思います。

  ・6月4日(木)【誕生会】:新緑まばゆい5月、グループホームでは恒例の入居者さんの誕生会を開きました。

今年の予定

4/1(水) 事業所連絡会理事会(中止)

4/23(木) 父母の会 総会(中止)

4/24(金) 宿泊訓練(中止)

5/16(土) 県西地区第40回みんなの集い(中止)

6/28(日) 市内一斉防災訓練(中止)

10/3(土) ありんこ祭り(中止)

10/25(日) 第24回小田原市障がい者レクリエーション(中止)

11/14(土)15(日) 第22回城下町おだわらツーデーマーチ(中止)

12/5(土) 第39回県西地区障がい者文化事業(中止)